<   2011年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

地元の映画館ではやってなかったので
疲れるの覚悟で
レディスデイに大阪まで出掛けました。

平日朝一でも、さすがに
(自分も含めて)女の人がうじゃうじゃいました。
でも、
ちょっと頑張ってでも観に行ってよかった。
とても素敵な映画でした。

お菓子の美しさや、戸田恵子さん達の素晴らしさや
ストーリーの心地よさとはまた別に、
一番私の心に残ったことは、

「清く、正しく、美しく」じゃないことは普通のことで
そんな人間どうしが
気に入らなかったり、相手を嫌いだったり
思い込みや、自分勝手のまんまで
そのまんまで生きることで
衝突や葛藤、絶望や喜びを、ひとつひとつ
自分の事として体験していけるんだなということです。

今さら、と
ほとんどの人は思うでしょうけど。
私は、ずっと自分の事が他人ごとだったからそう思いました。
e0046302_1545511.jpg

このところ、映画が続いてます。
[PR]
by taichitokaori | 2011-02-23 22:14 | 映画 | Comments(0)

映画「ヒアアフター」

「ヒアアフター」は、一つの単語です。hereafter。

クリント・イーストウッド氏はホラー映画は撮らないはずだよ。
スピリチュアルなファンタジー映画かなぁ。
・・・などと、色々思って行ったら
現実的な、でも、とても暖かなメッセージが感じられた
映画でした。
素敵。

自分が自分であるが故に
人に迷惑がかかったり、誤解されたり、
うまく人間関係をやっていけなかったり
傷ついて、葛藤の連続だったり

でも、
自分自身の意志で考え、行動し、貫く。
それが出来る人が
自分の人生を引き寄せることができるんだなと。

いつもアーリーローズのスクールで
色々感じていることの
具体的な部分を見ることが出来たのが嬉しかった。
と同時に
私って、何やってんだろと焦ったりして。

貫くことの勇気を
自分も持ちたいと思ったことでした。
e0046302_23394225.jpg

[PR]
by taichitokaori | 2011-02-22 23:22 | 映画 | Comments(0)
私には全くご縁のない天才的学生達が集う
特殊と言えばある意味特殊な空間で facebook は生まれました。

天才とか、科学者とか、芸術家とか、
なにかの能力を発揮したり広げたりするのに
人は、人と関わりを持ちながら表現をしていくものだから
当然、個性のぶつかり合いというものがあって
考え方も、目的も、性格だって皆違うわけだから
それこそ色んな事がおこるわけで。

それが正解とか、マチガイとか、決めることはできないのだなと。

とにかく、 facebook は、今も広がり続けて
・・・この私でさえも、登録してしまっておるのであります。

faceboook が、チームから株式会社になって行く様を見ながら
「サイテーな性格」と「素晴らしい性格」について
「感情」と「愛」について
今日はちょっと色々と感じたわけであります。
e0046302_001750.jpg

[PR]
by taichitokaori | 2011-02-15 23:31 | 映画 | Comments(0)

奈良では10cmの積雪

降った降った。
朝からずっと午後までやむことがなかったので
久しぶりに辺りが真っ白になりました。

祝日なので、
子ども達が外でキャァキャァ言いながら遊んでいました。

さんごもしょっちゅう窓辺に行っては眺めていました。
e0046302_10582048.jpg

雪がやんだ夕方からは、ゆっくり溶けだして
屋根の上から塊が落ちるとみえて
あちらこちらからドスンドスンと大きな音がしていました。

ほんの少し家の前の雪を掻いて、
車の出入り口を確保したけど大変だった。
雪国の人は
ホントに大変だと思います。
e0046302_112175.jpg

思わず買ってしまった前売り券。
[PR]
by taichitokaori | 2011-02-11 22:54 | 生活 | Comments(0)
週末の名古屋のスクールで
ハープとコントラバスのミニコンサートがありました。

生で楽器の音を聴くのは
ホントにこころに染み入ります。
e0046302_23224412.jpg

この日は、朝からマッサージと
このコンサートとお食事をはさんで
午後からのスクールがあって、1日たっぷりの
とても贅沢なスケジュールでした。

そして、
宿題いっぱいです。
[PR]
by taichitokaori | 2011-02-06 23:20 | 香り | Comments(0)

ウナギの記事に感動する

平賀源内の昔から、もっと前から
日本人は鰻を食べてきた。
当たり前に。
今、ウナギは激減しています。

その小さな卵が、どこでふ化してどこからやって来るのか
長い時間をかけて、少しづつ解明されてきたということらしいです。
仮説と忍耐強い調査、今回
グアムの近くの海域で見つかった
虹色に輝く天然ニホンウナギの卵。
(そんなとこから来てたの?そんなとこまで行くの?)

天文学的な確立での発見って、すごい!
諦めずにただただ信じて調査を続ける行動力、気持ちはえらいぞ!
その気持ちに卵が
ちょっと教えちゃるって答えてくれたような気がする。

広ーい海で生まれて数千キロを旅するウナギ。
(ウナギもえらいぞ!)

地球という命の「愛」を感じます。
e0046302_22482785.jpg

書いてたら、
鰻丼食べたくなってきた。
[PR]
by taichitokaori | 2011-02-02 23:00 | 生活 | Comments(0)

アビ猫との楽しい毎日!


by taichitokaori