猫的好日日記

sangoneko.exblog.jp
ブログトップ

流しが好き

キッチン解放後のお気に入りの場所第一位。流し。
ブリーダーさんからは「流れる水がすきだよー。」と聞いていた。ぴちゃぴちゃ喜んで飲むんだって。
しかし、どうやらこれは違うのだ。何が違うのかというと、何も流れていない流しの中で、ずっと、ずーっと、シッポやお尻や足先を濡らしたままでかたまっている。延々と。
何だと思う?わたしゃ驚いたね。
流しの側面をじわぁ・・・っと流れ落ちるしずくを狙っているのだ。
それとぽた・・・ぽた・・・という音にも反応している。
・・・・・さんごちゃん、ますますあんたの住む世界が羨ましいよ。
e0046302_20514553.jpg

[PR]
# by taichitokaori | 2005-08-28 20:51 | さんご | Comments(0)

かわいい

昨日はかわいそうな画像を公開してしまったので心が少し痛んだのでした。
もちろん、あんたはかわいいよ。
ということで、今日はかわいい画像をのせときます。
つみほろぼし (^0^;)
e0046302_1165720.jpg

[PR]
# by taichitokaori | 2005-08-27 11:06 | さんご | Comments(0)

ば、化け猫・・・!

我が目を疑った。可愛い可愛いさんごちゃんがいつものようにいつものお昼寝から目覚めたとき、見てしまった。・・・・あくびを!
何かで化け猫の絵を見たことがある。そのまんまだ!
それ以来、彼女があくびをする度に、怖いもの見たさというか、目が離せない。一日に何回するだろうか、かなりするよな。それをいちいち確認して確かめる。・・・・・こわい。
もっとも、人間様のお間抜けなあくび顔も、猫から見たらこわいってこともあるかもね。
この瞬間にシャッターを切るのはなかなかむずかしかった。
e0046302_2215690.jpg

[PR]
# by taichitokaori | 2005-08-26 22:16 | さんご | Comments(0)

かくれんぼ

外から帰ってそっと居間をあけるとさんごの姿がない。呼んでも返事はもちろんない。いそうな所をのぞいてもいない。・・・・・?ふっとカーテンが揺れた。「こんなところにいたのぉ?」っていうと、なんだか目を開いて見つかった!というようなドキドキした風情。
よく隠れる。それは本能なのかよく分からないけど、見つかる!というドキドキを真剣に楽しんでいるようにしか思えない。外出から帰ってきたときは寝てるか隠れるかのどちらかである。こっちもちょっとドキドキしたりする。
今日の画像は、なにげにさんごちゃーん、と呼んだときの見つかった瞬間。こんな顔もする。
e0046302_1943425.jpg

[PR]
# by taichitokaori | 2005-08-25 19:04 | さんご | Comments(0)

中国茶

夏も終わりに近づいた今日この頃、ばてた体を元気づけるために、久しぶりに「一葉茶」を入れた。お気に入りの道具一式で優雅に入れた。この中国茶は苦い。かなり苦い。飲み込んだ直後に一瞬、なんともまろやかな甘みを感じるが、とにかく苦い。でも、体にはいい。
さんごがおもむろに近づいてにおいをかいでいる。舐めたらどんな反応するかなぁ・・・へっへっへ。・・・!
おいしそうに最後まで舐めた! 苦くないのか?感じないのか?苦いのが好きなのか?
わからない、私にはわからない!
e0046302_1432669.jpg

[PR]
# by taichitokaori | 2005-08-24 14:32 | さんご | Comments(0)

被害

昨夜、寝ころんでいる飼い主の足の上を土台に猛ダッシュ。5㎝ほどにのびた爪痕から血が。いたた・・・。和室の壁には縦方向に長くのびた4本の爪痕。まっさらだったプリンタカバー、何カ所もかじって穴があいている。もちろん畳にもシャッとすった爪痕が。お気に入りの薄地のチュニック、何カ所も糸がつれている。ミッキーのPCマウスホルダー、飛ばしよって耳が片方欠けた。ん・・?ナイロン袋にかみあとが。消しゴムをどこへやった?どこから出てきたのか大きなほこりの塊が床の上に。あんたの頭にもついてるよ。ふん、その可愛さに免じて許してやる。あんた、幸せやねぇ・・・。
e0046302_20521347.jpg

[PR]
# by taichitokaori | 2005-08-22 20:52 | さんご | Comments(2)

狭いところが好き

 我が家にもだいぶ慣れてきたので時々キッチンを開放してやることにした。冷蔵庫と壁の隙間やゴミ箱と勝手口の隙間に姿が消える。しばらくは出てこない。のぞきに行くと、見つかったぜって様子で、ちょっとばつが悪そうである。和室を開放した時などは、大事な大事なパソコンのケーブルでごったがえしている裏側へ消えていった。消えるだけならいい。ケーブルをくわえて引っぱりよる!・・・。かくしてパソコンの後ろにはバスタオルの大きな空箱や使わないお盆達、はたまた分厚い辞書のたぐい、ソフトの空箱、お菓子の缶等々がぎゅっと詰め込まれて防御は完璧だ。・・それでも時々そのわずかな隙間を足がかりに消える時もある。秘密基地の醍醐味がそこにはあるのかも知れない。
e0046302_15425214.jpg

[PR]
# by taichitokaori | 2005-08-21 15:42 | さんご | Comments(0)

猫の爪

さんごが家に来る前に、色々と買い物をした。猫は初めてなので、さんごのブリーダーさんに教えてもらっていっしょに出かけたりもした。そこで見慣れない「爪とぎ」なるものを購入したが、これは素材が木で、けっこう長持ちするらしい。
爪とぎ・・・。爪の先をやすりで削るようなものかと思っていた。が、さにあらず。ある日、爪と同じ形をした薄いものがぽつんと落ちていた。こ、これは?まさか、爪とぎの目的はこれ?・・・!
 さて、さんごが来てから2ヶ月が過ぎたが、とうとうかの「爪とぎ」は使われずにいる。そのうちに、「もしかしたらこれは爪とぎに使えるかも!」と気づいてくれるのを期待しよう。
e0046302_19492811.jpg

[PR]
# by taichitokaori | 2005-08-20 19:50 | さんご | Comments(0)

もうひとつの名前

四季ミュージカル「キャッツ」をご覧になった方はご存じだろうと思うが、猫には人がつけた名前以外に本当の名前が存在する。猫本人しか知らない名前だ。
さんごが家にやってきてしばらく、「さんご!」「さんご!」を連発すれども反応がない。そこで本当の名前で呼んでみようということになって色々想像してみた。グリドルボーンは色っぽすぎる、まさかグリザベラ・・・。いや、アビシニアンである以上(古代エジプトの猫の彫像のモデルとも言われている)、由緒正しいエジプト王家に由来する名前に違いない。されば、ツタンカーメン王の妃、アンケセナーメンではどうか。・・・ということで「・・・・アンケセナーメン・・・。」と呼んでみた。・・・!ちょっとだけ反応。
結局、「さんご」になじんで今に至る。自分の名前だと気が付くのに犬よりは時間がかかるようだというのが結論だ。
e0046302_20515298.jpg

[PR]
# by taichitokaori | 2005-08-19 20:51 | さんご | Comments(0)

ねじれる

昨日に引き続き胴体の話。エジプト壁画の様式さながらである。下半身は横向き、上半身は正面。ヘタすりゃ表と裏が文字通り「表裏一体」。高いところから落ちたとき、大ちゃんのニャンコ先生「ニャンパラリン!」(古いぞ!)をスローモーションで見るようだった。確かに胴体はしっかりとねじれて、長いシッポがぶるんとバランスをとりながら回るのがわかった。
もっともまだ未熟な仔猫だから着地はよく失敗している。畳のうえで腰を抜かしていたのを見た。
e0046302_18193757.jpg

[PR]
# by taichitokaori | 2005-08-18 18:20 | さんご | Comments(0)

アビ猫との楽しい毎日!


by taichitokaori